いよいよ選挙でのネット活用解禁!

いよいよ参院選からネット活用が解禁されますね。
オバマ氏の選挙選ではないですが、
これを機に、間違いなく更なるネット社会のすそ野が広がるでしょう。

特に、アメリカ大統領選挙の際に使用された:SNS。
facebook(フェイスブック)。

※日本では会員70万人(?)でいまいち奮ってないですが、
海外ではgoogleのアクセス数を抜くほどのメジャー媒体です。
ちなみにmixiは2000万人とのこと。

日本ではいまいちfacebookの普及が進んでいませんが
mixiなど和製SNSをはじめとしたソーシャルメディア戦略が
今後のカギになるかもしれません。

若者がSNSをきっかけに政治に目覚めたとき、
爆発的に活用されるはずです。


また政治家はこれを機に、スマートフォンを
絶対もったほうがいいですね。

外出先でのBLOGの更新やメール確認はじめ、
twitterとU-STREAMの連動、更にはGPSでの現在地表示など
もっともっとITを活用して、選挙戦で
自分の主張を届けるすそ野を広げるべきです。

そういった意味では、
選挙戦には、我々のようなWebでのコミュニケーションデザインが
できる人材の投入が今後は必要になってくるのではと
思います。

参院選、インフラの整備にも時間がかかるので
今すぐ実施すべきです。


茂森 仙直 著

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レピュテーションマネジメント

レピュテーションマネジメントという施策がある。
要は、「評判」「名声」を作りだす運動ということ。

「評判」「名声」を上げる為には
前提として、有権者とのコミュニケーション手段を
確保することが前提となる。

つまり、WEBサイトもその役割の多くを
占めるわけである。

但し、レピュテーションマネジメントは
自分の行為だけではなく、自分の付帯する関係者の
言動なども大きく影響を受ける。

たとえば、自分は非常に好印象でも、
秘書や現場スタッフが自分の印象に伴っていない
言動をした時点でそれは成功しない。

広報活動とともに、重要なのは
企業の内部統制や社員教育に近い
マネジメントなのある。

恐らく多くの場合、支援者を選べないが、
自分の姿勢・マインドなどを理解してくれる
現場指揮官がそばにいることが
政治活動においては重要といえるのだろう。

茂森 仙直  著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハトミミ.comと民意

ハトミミ.com

国民の意見吸い上げというところで、

「行政サービスに接している国民の
皆様の目線での提案を幅広く受け付ける
「国民の声」を開設」

ハトミミ.com
http://www.cao.go.jp/sasshin/hatomimi/

が開設されている。

とあるが、

あまりにも
敷居が高すぎるように思うのは私だけ?

本当に国民の意見を聞きたいと思っているいのなら
あの体裁や申し込み方はないでしょう・・・
と思ってしまいます。

恐らくここに投稿できるのは
学識者やNPO程度。

でも彼らって、そんなの関係なく
普段提案してるはずだから、ただ、ネットからの
窓口が開いただけ?とおもってしまう。

本当に聞くべき意見は
主婦や老人など、もっと大衆のはず。
また、ネットこそロングテールな意見が
収集できるのです。

もっとWEBサイトを活用してほしい。
そうおもいます。

茂森 仙直 著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニフェストのOPEN投票をしてはどうか?

与党が財源の先行き不透明感から
マニフェストを変更しようとしている。

ある意味変更を余儀なくされるのは
個人的には仕方がないと思う反面、
それぐらいは想定して置いてほしかったというのが
本音だろうか。

不況下、生きる為に必死な国民は
些細なマニフェスト変更であっても
期待と失望が交錯する。

不景気の中なかなか法人税収入が読みにくい
昨今において、財源が読めないのは
100歩譲って妥協したとしよう。

そんな財源がない中で、何を優先度を
上げて着手をするかが、政治手腕のような
気がする。

事業仕訳はある一定の成果があったと私も感じた。

しかしながら、仕訳の優先順位は
もっと民意主導でもよいのではないかと
思っている。

つまり、民意を問う為のマニュフェストの
優先順位を図る為のOPEN投票システムの導入である。

もちろん、単純な投稿システムでは
様々なセキュリティー面で厳しい気がするが
ある意味着手順位付けの目安として、
やってみてもよいのではと思う次第である。

医療でも、なにから治療に手をつけるか判断する為に
「トリアージ」といった手法が用いられる。

重病患者日本にも、最適な優先順位付けをしてあげる
名医が必要である。

茂森 仙直 著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙区を持たない政治家が出現する !?

「選挙区を持たない政治家が出現する !?」

これは私のこれからの政治における
ひとつの革命であると思っている。

すくなくとも、そうならない時代があと20年続くようでは
私は少しこの国の行く末に失望するかもしれない。

ネットの出現によって、全国、世界の誰にでも
自分の意見を伝えられるようになった。

自分の選挙区への利権を持ってくる
政治家ももちろん必要だが、
それとは関係なく、自由に全国・世界の有権者から
支持される日本や世界の政治をよくする為だけに
専念する政治家枠があってもよいと思う。

リアルの選挙区を持たない
ネット上の選挙区でのみ存在する「サイバー議員」。

是非とも、今こそ誰か立候補してほしい。

茂森仙直 著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治的活動に新たなツール、Ustreamとtwitter。

昨日、
Pecha Kucha Night(ペチャクチャ・ナイト)NAGOYA
に参加してきた。

先日ソフトバンクの孫社長が
Ustream(http://www.ustream.tv/)
への資本参加を発表したこともあり、
iphoneとUstream&twitterとの連携技で
様子をリアルタイム配信。

特にiphoneユーザーの間では
盛り上がっていた。

Ustreamとtwitter。
これまた相性がよい。

ゲリラでの演説行為などには
非常に親和性がある。

twitterで事前告知。
内容はUstreamかtwitter。

ある程度人間関係のできている層や、
デジタルネイティブには十分なコミュニケーション手法だろう。

次回の参院戦で、Ustreamとtwitterを使いこなす
政治家がどれほど出てくるのか・・・。

大変楽しみである。

茂森仙直 著


| | コメント (0) | トラックバック (0)

twitterと選挙

鳩山総理が年明けからtwitterを始め、とうとう
twitterが市民権を得た。

小泉首相がメルマガを始めた時には
「政府=not IT」の印象がありすぎた為、
それなりの感動があったが、
現在においては、当たり前という感覚が強い。

政治活動のディスクローズにITが多様化され始め
政治活動についても市民が具体的に検討でき始めたことは
大変よろこばしいことだ。

ただその反面、情報化社会においては
本当に

「正しいか、正しくないか」

「有益か有益ではないか」

といったことを、分別できる
自分の価値観・指針・知識が重要となってくる。

※その分、上記に欠けるユーザーのマインドを扇動
 させることもしやすくなるが・・・。

日本の教育も含め、
「情報化社会に最適な情報を分別できる能力」
の育成が今後のカギになりそうだ。

皆さま、twitterに踊らされないよう(笑)

茂森 仙直 著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治活動の本当の意味を理解しているのか?

私も人のことがいえませんが、
BLOGの更新は忙しいと
なかなかできないものです。


先日の衆議院議員選挙で、
当選・落選した地元議員
それぞれのサイトを確認しました。

が、残念なことにそれぞれ
まったく更新されておらず、
完全放置の状態でした。

行動報告もない。
またユーザーの励ましの声にも
まったくの未レス。
当選・落選した時のありがとう画像が貼ってあるだけ。

これでは、WEBサイトで
自滅していくようなもんです。

さすがに忙しいといっても、
あの選挙から
もう2カ月経っていますからね。


WEBサイトは民意をとらえることができる
優れたツールであるにもかかわらず、

結局は

「当選すればサイト更新は終わり」

「落選すればサイト更新は終わり」

では、

本当に政治活動に、身命を欠けているのか
といっことに疑いの念をもたずにいられないのが
本音です。

票集めの為だけだったのではないのか・・・。

TVメディアでも与党の日々の活動報告があるものの
要職についていない限り、地元議員の鼓動は全く
聞こえてこないでは、何の為に当選させたのか
分からなくなってしまいます。

インターネットは、遠い存在だった政治家を
やっと有権者に近い存在にしてくれました。

全国の政治家の皆さま。

WEBサイトの更新、くれぐれも忘れずに・・・。




PS.私も頑張ります(笑)


茂森 仙直 著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敗戦。落選。だからこそネットから始める、民意反映の政治!

敗戦議員のサイトを見た。

8/30以降、
・力がなくなっていると感じるサイト
・4年後を見据えて前進し始めているサイト
・ひたすら詫びを入れているサイト

などなど
いろいろな形があった。

私ならどうするか・・・・(あくまでサイト上での施策として)

・民意尊重ができてないことから、
 再度意見集約に全力でむかう。

 =BBSやBLOGを活用しネット上で意見集約に努める

・自分の政治活動の伝搬が不十分と反省し、
 知名度向上につながるバイラルの施策を講じる
 草の根的な情報配信の方策を講じる

 =you tubeやBLOG、twitterなどの活用

 自分の行動予定をネットで公開する。
 該当演説の強化
   →google mapなどで

議員でなくなったからこそ、
敗戦したからこそ
言えることをもっと言う!
なくすものは何もないですよね。

できることはたくさんあります。

敗戦議員の皆さま、次は皆さんの番です。

WEBは政治活動を支える、最大の武器!
ネットの力と敗戦の議員の皆さんの力で
引き続き、政治を、日本を変わることを期待したいです。

茂森 仙直著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆議院議員選挙を終えて

選挙がおわりました。

選挙中、公職選挙法のさじ加減を理解しきっていないこともあり
意外とコメントしにくかったので
今日からは活発にBLOGを更新していきたいと思います。

今回の選挙を静観していて
その中で気になった点をとりあえず忘れないようにメモ。

1.公示後、政治活動はOKだが、選挙活動は×として各政党が主張。
ネット活用が実際は横行した。

2.8/30の20時を皮切りにネット上で、活発な投票結果に対する
批評が流れた。

3.日テレの選挙速報の文字放送での参加も7万件を記録

4.テレビやメディアで選挙のネット活用に関する記事や番組が多かった

5.政治家や市民(特に若者に)に選挙でネットを活用する文化が定着する
 気配が大いに感じることができた。

次回は来年9月に参議院選挙。
選挙活動のネット利用に前向きな民主党がなったことによって
既に来年が楽しみになってきた。

この選挙を受けて、今後どうなるのか。

選挙管理委員会などの動向にも今後注目していきたい。

茂森 仙直 著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「選挙活動における有効なネットの活用法  ~ 1.目的・ターゲットの定義~」